岡山の塗り替えリフォーム専門店 ひかりペイント

住宅や店舗の外壁塗装・屋根塗装・防水工事、エコスタイル、リフォーム。ひかりペイントは岡山の塗り替えリフォーム専門店

0120-326-723
お電話でのお問い合わせ:9~20時(年中無休)
お問い合わせフォーム

外壁・屋根塗装で使う足場面積を計算する方法

外壁や屋根の塗装工事では、最初に足場が組まれます。業者は使用する足場をどうやって計算しているのでしょうか。

このページでは、足場面積の計算方法や足場の種類などについて説明していきたいと思います。

足場面積を計算する方法

足場の面積を出すためには、足場の外周の長さを先に求めておく必要があります。足場の外周の長さを求める際の注意点は二つです。

まず一つ目は、足場は建物から0.6m離して設置する必要があります。二つ目は、建物の両端に0.6mずつ余るように設置しなければいけません。

(例)縦6m・横8m・高さ6m の建物の場合


■足場の外周の長さ

足場の外周=縦幅(6m+0.6m×2)×2面+横幅(8m+0.6m×2)×2面
     =14.4m+18.4m
     =32.8m

足場の外周が出たら、次は足場の面積を求めます。

足場は通常、家の高さに1m足した高さで設置していきます。

■足場の面積

足場の面積=足場の外周の長さ(32.8m)×足場の高さ(6m+1m)
     =229.6㎡

坪数ごとの足場面積

足場の面積は、どの業者でも全く同じとは限りません。相見積もりを取った時に、だいたい同じような面積を提示されると思いますが、業者によって平米数の出し方が異なります。

坪(延べ床面積) 2階建て 足場面積
20坪 145㎡から159㎡
25坪 160㎡から174㎡
30坪 175㎡から189㎡
35坪 190㎡から204㎡
40坪 205㎡から219㎡
45坪 220㎡から234㎡
50坪 235㎡から249㎡

住宅の塗装で使う足場の種類

塗装で使われる主な足場の種類は次の通りです。

単管足場

単管足場はパイプ足場とも呼ばれ、鉄パイプを使用した足場のこと。狭い場所だけでなく、建物の形状を問わず足場の設置が可能。しかし、二本のパイプの上に職人が乗って作業を行うため、足場が不安定で危険度も高い。また、パイプの上に材料を置くことができないので、作業効率が悪い。

単管ブラケット足場

単管ブラケットは、単管にボルトで板が固定されている足場のこと。板があるため、職人の相場が安定するため、単管足場に比べて安全である。しかし、固定しているボルトが緩むと揺れやすくなるため注意が必要で、足場の設置工期が長い。

クサビ(ピケ)足場

クサビ(ピケ)足場は、幅の広い板を使用するので安全性も高く、設置や解体が容易な足場のこと。作業のしやすさから、主流の足場となっている。しかし、設置時にハンマーを使用するため大きな音が出たり、クサビ(ピケ)が設置できない場所があったりする。

足場の単価は、およそ600円から800円となっています。

まとめ

屋根や外壁塗装では足場の使用が不可欠です。業者によって必要な足場の面積の出し方が異なるので、不明な点はきちんと確認されることをお勧めします。

また、見積書にどのような足場をしようするのか記載があれば安心です。

その他の「外壁・屋根塗装の相場」に関するコンテンツ

↓
  • お電話でお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ

最新情報

8つの約束 ショールーム リフォームローン金利0%

タイプ別施工事例

リフォームメニュー

塗装に関する基礎知識

外壁・屋根塗装の相場

塗料グレードについて

塗装業者選び

会社概要

塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番 JIOリフォームかし保険 晴れの国おかやまマスコットももっち・うらっち
ページトップへ戻る