岡山の塗り替えリフォーム専門店 ひかりペイント

住宅や店舗の外壁塗装・屋根塗装・防水工事、エコスタイル、リフォーム。ひかりペイントは岡山の塗り替えリフォーム専門店

0120-326-723
お電話でのお問い合わせ:9~20時(年中無休)
お問い合わせフォーム

失敗しない塗装業者の選び方。塗装業を行う業者の種類と特徴

塗装をお考えの方の中には、きっとどこに依頼したらよいかわからないという方が多いのではないでしょうか。

お知り合いで、塗装で失敗した…という方の声をお聞きになったこともあるかもしれません。実は塗装業者を選ぶ際に、優良業者であると判断するポイントがいくつかあるのです。

ここでは塗装業界の長い私がオススメする、5つのポイントを解説いたします。

タイプ別、業者の特徴

ハウスメーカー

住宅メーカーなど大手業者は保証がしっかりしていて、トラブルが起こった時の対応は安心することができます。下請け業者が入ることが多いですが、ハウスメーカーの下請けであればトラブルも少ないです。

しかし、多くの下請けと契約していることが多いので最後まで同じ職人が来るかどうかはわかりません。また、中間マージンが発生するので、どうしても見積り費用が高くなったり、利益を確保しようとしたりする下請けであれば、手を抜かれる可能性もあります。

工務店

工務店に塗装を依頼した場合、下請け業者が塗装を担当します。地元の職人ともつながりがあるので、下請けに良い職人がそろっていることが多いです。また、工務店が塗装業者との間に入って施工管理を行うので安心できます。

ただ、ハウスメーカーより価格は割安ですが、工務店に依頼すると価格が割高になりやすいです。また、塗装の専門知識をもった社員はあまりいません。

リフォーム会社

リフォーム会社には、塗装工事を行っていた会社がリフォームを始めた場合と、リフォームを行っていた会社が塗装工事も始めた場合にわけられます。そのため一概にリフォーム会社といっても、得意・不得意分野があるので注意が必要です。

依頼する際には、外壁塗装の施工実績を尋ねることをお勧めします。リフォーム会社も塗装工事は下請け業者が行うため、中間マージンが発生して費用が高くなりがちです。

家電量販店

大手家電量販店も最近では外壁塗装業界に参入し、家電量販店が塗料メーカーとオリジナル塗料を開発するなど力を入れています。施工そのものは、地元の塗装店など下請け業者に依頼しているので、中間マージンが発生します。また、パック料金で商品を販売しているのが特徴です。

塗装専門店

塗装専門店は、自社施工型と訪問販売型にわけられます。自社施工型の塗装専門店では、自社職人のみであったり、自社職人と協力会社で連携したりして施工を行っています。

下請けに依頼をせずに自身の会社でしっかり施工管理しているので安心です。訪問販売型の塗装専門店は、自社に職人がいないことが多いため、施工を下請けに丸投げすることもあります。大幅な値引きを行うなどトラブルも多いです。

業者の選び方のポイント『塗装業者を選ぶ際の心得5か条!』

塗装を行う業者はさまざまです。せっかく行う塗装工事ですから、業者選びで失敗して後悔はしたくないですよね。業者を選択する際に、いくつかのポイントがあるので、塗装業者を選ぶ際の参考にしてください。

【その1】依頼する塗装業者の種類を見極めよ。

依頼する業者によっては、下請け業者が施工を行うため、中間マージンが発生します。費用が高くなるだけでなく、利益を追求する下請け業者であれば手抜き工事をされる恐れもあるので、きちんとした工事を行ってくれる業者かどうかを見極めることが大切です。

【その2】塗装を成功させるために自分の目で確認するべし。

業者を選択する際に、「知人が塗装業をやっているから」「親戚から紹介されました」といった声を聞くことがあります。塗装に詳しい人からの紹介であれば問題はありませんが、そうでない場合は…。

もし紹介された業者が悪徳だった場合、どうしますか?塗装工事の仕上がりにも満足できず、紹介してもらったところだから、業者にも知人にもあまり文句も言えないなどといったことが起こるかもしれません。

それを防ぐためにも、必ず自分の目や耳で業者を選んでください。実際に担当者と話をしたり、施工物件の仕上がりを見たりして、業者に安心してお任せできるかどうかが重要です。

【その3】職人だけでなく営業マンの人柄も見極めよ。

直接施工してくれるのは職人ですが、お客様と直接多く話すのは営業マンです。単に値引きを提案し、安さを強調してくるだけではいけません。

塗装に関してはもちろん、自社の概要やアフターサービス、時にはデメリットにもきちんと説明してくれる営業マンが良いですね。話したことをきちんと書面に残してくれる業者がベストです。

【その4】一社だけでなく複数から見積もりを取るべし。

「今決めていただければ!」値引きをちらつかせたり、不安をあおって即決を迫ったりする業者が中にはいますが、決してその場では決めないでください。

外壁塗装は、同じ塗料を使って工事をしても業者によって値段はさまざまです。複数の業者から見積もりを取ることで、外壁塗装の相場がわかります。

最近では、インターネットから一括で見積りを依頼できるサイトもあるので、忙しくて時間が取れない時にお勧めです。

【その5】サービスという言葉に惑わされぬべし。

営業マンとの話で「サービス」という言葉が出たら、一旦落ち着いてください。一般的に、サービスと言えば無料になったり安くなったりするイメージがありますが、しっかり確認をしないと思わぬ落とし穴があるかもしれません。

他の項目で金額が上乗せされていないか、塗装は何回塗りをするのかなど、業者へきちんと確認されることをお勧めします。また、同じように「モニター価格」という言葉も注意が必要です。

中には100万円以上も安くなるといった話がありますが、そこまで値引きをして果たして業者が得をするのでしょうか。そう考えてみると、わかりますね。

まとめ

昔と比べ、塗装は塗装業者の他、ハウスメーカーや工務店、リフォーム会社など、消費者が選択できる幅が広がってきました。しかし、その反面、複数ある中から最適な業者を選ばなければいけません。どの業者に依頼するのが適切か、日頃からインターネットや塗装無料相談会などのイベントをうまく活用していきましょう。

8つの約束 ショールーム リフォームローン金利0%

リフォームメニュー

塗装に関する基礎知識

外壁・屋根塗装の相場

塗料グレードについて

塗装業者について

劣化症状について

雨漏り補修について

会社概要

塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番 JIOリフォームかし保険 晴れの国おかやまマスコットももっち・うらっち
↓
ページトップへ戻る