岡山の塗り替えリフォーム専門店 ひかりペイント

住宅や店舗の外壁塗装・屋根塗装・防水工事、エコスタイル、リフォーム。ひかりペイントは岡山の塗り替えリフォーム専門店

0120-326-723
お電話でのお問い合わせ:9~20時(年中無休)
お問い合わせフォーム

キャッシュレス還元事業者について

2019年10月1日に消費税が引き上げられました。消費税増税による家計への負担額を減らすために、国は景気対策として導入したのがキャッシュレス還元事業です。耳にすることは増えましたが、キャッシュレス還元とは一体どんなものなのでしょうか。

ここでは、キャッシュレス還元について、支払い方法や軽減税率と違いについて説明をしていきます。

キャッシュレス還元事業とはどんなものか?

正式名称を「キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)」と呼ぶキャッシュレス還元は、2019年の10月1日から6月30日まで実施されます。

ポイント還元事業は、対象の店舗でキャッシュレス決済を行うことで、5%または2%相当の還元をうけることが可能です。

日本では現金を使用して支払う人がまだ多いですが、諸外国では現金を使用しないキャッシュレス決済が多く普及しています。2020年には東京オリンピックが開催されることもあり、多くの訪日外国人にも対応できるように国が力を入れた事業です。



どこで使用できるのか?

キャッシュレス・ポイント還元事業は、どのお店でも使用できるわけではありません。

大手スーパーなど、大規模店店舗での決済は対象外となり、中小店舗やコンビニエンスストアなどの大手チェーン傘下のフランチャイズ店舗で使用できます。また、楽天やAmazonなどのECモール上の小規模ECでも使うことが可能です。

何で支払えば使えるのか?

キャッシュレス決済とは、紙幣や硬貨など現金を使用しない支払い方法で、主なものは次の通りです。

・クレジットカード(ポストペイ方式)

支払い後に、銀行口座からまとめて引き落とされます。後払い。

・デビットカード(リアルタイムペイ方式)

支払いと同時に登録している銀行口座から金額を引き落とされます。即時払い。

・電子マネー(プリペイド方式)

支払い前にチャージをしておく必要があり、チャージされた金額内でしか使用できません。前払い。

・QRコード決済

スマートフォンに表示されるQRコードを支払い時に店舗へ提示、またはお店側が提示しているQRコードを読み取って支払いを行います。使用するためには、銀行口座等からチャージしておく必要があります。

上限はあるのか?

ポイント還元制度として、政府は特に上限額を設けていません。しかし、不正使用などの恐れもあるため、各決済業者は一回ごとの上限や期間による上限を設定しています。

軽減税率との違い

10月1日に消費税が引き上げられ、キャッシュレス還元事業とともに軽減税率制度も導入されました。

軽減税率とは、特定商品(酒類を除く飲食料品や新聞など)を一般的な消費税率より低く設定することです。スーパーなどでは、軽減税率8%の対象商品と10%の標準税率の商品が一緒に陳列されます。

また、飲食物を店内で飲食するか、持ち帰るかによっても税率が変わってきます。店内での飲食では消費10%で消費税が計算されますが、持ち帰ることで8%になります。

キャッシュレス還元事業は、この軽減税率を適用したうえで、利用できる制度です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャッシュレスについての案内は、日を追うごとによく目にするようになりました。軽減税率と同時に使用できるので、キャッシュレス・ポイント還元をうまく活用していきましょう。

8つの約束 ショールーム リフォームローン金利0%

リフォームメニュー

塗装に関する基礎知識

外壁・屋根塗装の相場

塗料グレードについて

塗装業者について

劣化症状について

雨漏り補修について

会社概要

塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番 JIOリフォームかし保険 晴れの国おかやまマスコットももっち・うらっち
↓
ページトップへ戻る