岡山の塗り替えリフォーム専門店 ひかりペイント

住宅や店舗の外壁塗装・屋根塗装・防水工事、エコスタイル、リフォーム。ひかりペイントは岡山の塗り替えリフォーム専門店

0120-326-723
お電話でのお問い合わせ:9~20時(年中無休)
お問い合わせフォーム

塗装で使う足場の種類と費用相場

塗装工事が行われている建物に、足場が組まれているのを見たことがある方も多いと思います。

「足場を建てなければ、もっと安く塗装できるでしょ?」という意見をいただくこともありますが、しっかりとした塗装を行うには足場は必要です。

このページでは、足場の役割や種類、費用について紹介していきたいと思います。

足場の必要性

工事現場でよく目にする足場ですが、なぜ足場は必要なのでしょうか。足場を設置することで挙げられる主な利点は次の通りです。

職人の安全を確保


塗装工事は、外壁の2階部分や屋根など地上から届かない高い場所も行います。作業途中に、職人が落下することを防ぐために足場が組まれます。また、2メートル以上の高い場所で作業を行う時には、労働安全衛生法で足場を組むことが義務付けられています


施工品質の維持


職人が高い場所できちんと施工を行うには、しっかりした足場が必要です。足場が設置されることで、職人も安全に作業することができるので、綺麗な仕上がりにつながります。また、建物全体にも十分手が回るので塗り残しなどがなくなります。


ご近所とのトラブルを回避する(養生シートで)


塗装工事では、高圧洗浄や塗料が隣の家に飛んでいったために、トラブルに発展する場合があります。トラブルにならないようにするためにも足場は必要です。足場の周りに養生シートを設置することで、隣の家に、高圧洗浄や塗料が飛んでいくことを抑えられます


足場の種類と単価

一口に足場と言っても、さまざまな種類があります。ここでは、塗装工事で使用される足場について、その種類や単価などを説明します。

単管足場

単管足場はパイプ足場とも呼ばれ、鉄パイプを使用した足場のことです。狭い場所だけでなく、建物の形状を問わず足場の設置が可能です。しかし、二本のパイプの上に職人が乗って作業を行うため、足場が不安定で危険度も高くなります。また、パイプの上に材料を置くことができないの、作業効率は悪いです。

単管ブラケット足場

単管ブラケットは、単管にボルトで板が固定されている足場のことです。板があるため、職人の足場が安定するため、単管足場に比べて安全です。しかし、固定しているボルトが緩むと揺れやすくなるため注意が必要で、足場の設置工期が長くなります。

クサビ(ビケ)足場

クサビ(ビケ)足場は、幅の広い板を使用するので安全性も高く、設置や解体が容易な足場です。作業のしやすさから、足場の中でも主流です。しかし、設置時にハンマーを使用するため大きな音がでたり、クサビ足場が設置できない場所もあります。

屋根足場

屋根足場は、屋根専用の足場です。通常は設置されないことが多く、急勾配の屋根に使用されます。使用される目安の勾配は、5.5寸。また、海が近いなど強風が吹きやすい場所でも設置することがあります。

坪(延べ床面積) 2階建て 足場面積 単価/m2
20坪 145㎡~159㎡ 750円
25坪 160㎡~174㎡ 750円
30坪 175㎡~189㎡ 750円
35坪 190㎡~204㎡ 750円
40坪 205㎡~219㎡ 750円
45坪 220㎡~234㎡ 750円
50坪 235㎡~249㎡ 750円

こんな場合は足場の費用は高くなる


足場は工事を行う建物の周囲に設置するため、隣家との間に隙間があればスムーズに組み立てることができます。しかし、密接しているなど隙間がなければ、足場の設置は難しく、組み立てに時間がかかるため足場の費用が高くなることがあります。

また、屋根の勾配が急なものであれば、屋根そのものにも足場を設置しなければなりません。そのため、足場の費用が増えてしまいますが、作業をしている職人に万が一のことがあれば大変なので、必要経費と言えます。


足場が無料と言われた場合は注意が必要?


「今、契約をしたら足場代を無料にします」「近隣で工事をしているので、足場代はいりません」などという業者がいます。しかし、足場を設置するには現場まで足場を運ぶ運搬費や設置費、解体費が必要になるため、足場を無料にできるはずはありません。

また、足場の組み立てには「足場の組立て等作業主任者」を配置しなければならないため、どうしても人件費がかかります。

そのため、簡単に足場を無料にすることはできないため、もし無料を強調してくるような業者がいれば、それは注意が必要です。業者が他の項目などに、足場代を上乗せしている可能性があります


まとめ

このページでは、塗装工事に必要な足場についてご紹介しました。普段知ることのない足場の種類や単価などもおわかりいただけたと思います。

足場は、設置時に資格を持った人を配置しなければならず、運搬費などを考えると無料になることは難しいです。もし、無料をうたってくる業者がいれば注意をし、その場での契約は控えて他の塗装業者に相談されることをお勧めします。

その他の「外壁・屋根塗装の工程」に関するコンテンツ

↓
  • お電話でお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ

最新情報

8つの約束 ショールーム リフォームローン金利0%

タイプ別施工事例

リフォームメニュー

塗装に関する基礎知識

外壁・屋根塗装の相場

塗料グレードについて

塗装業者選び

会社概要

塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番 JIOリフォームかし保険 晴れの国おかやまマスコットももっち・うらっち
ページトップへ戻る