岡山の塗り替えリフォーム専門店 ひかりペイント

住宅や店舗の外壁塗装・屋根塗装・防水工事、エコスタイル、リフォーム。ひかりペイントは岡山の塗り替えリフォーム専門店

0120-326-723
お電話でのお問い合わせ:9~20時(年中無休)
お問い合わせフォーム

外壁・屋根塗装の現地調査(事前調査)で行うこと

塗装とは、屋根や外壁に塗料をただ塗れば良いというわけではありません。材料費もかかってくるので、適した量を算出することが必要になってきます。

お客様のご自宅には、どのくらいの量を用意すれば良いかを計算するために、事前調査や現地調査といった作業が大切です。

ここでは、屋根や外壁塗装の前に行われる事前調査・現地調査について説明をしていきたいと思います。

事前調査・現地調査とは

事前調査や現地調査とは、実際に塗装を行う場所に行って、屋根や外壁などの面積を計測することです。建物を建てられた際の図面があれば、より正確な数値を出すことができますが、図面がなくても問題ありません。調査は、およそ1時間で終わります。

調査にかかる費用は、業者によって異なり、無料の場合と有料の場合があります。調査報告書も書面で報告を行う業者もいれば、撮影した動画を報告書として利用する業者もいるので、一社だけではなく、数社に問い合わせをしたほうが良いでしょう。

事前調査・現地調査はどのようなことをするのか

事前調査や現地調査では、塗れる箇所と塗れない箇所をしっかり判断することが大切です。素材によって塗装できないものがあるので注意して行います。

外壁の劣化状況を確認

・最初に目視で目に見える箇所の調査を行います。歪みや破損、ひび割れがないか、サイディングであればシーリングが劣化していないかなどを確認します。この時に、目で見るだけではなく、実際に触って調査をすることがポイントです。直接触ることでチョーキング現象の有無や、打診棒を使って浮きなどの状態確認が行えます。

屋根の劣化状況を確認

・屋根も外壁と同様に、最初に目視で状態の確認をします。破損箇所や棟の板金部のビスが外れていないか、瓦であれば漆喰部分に不具合がないかなどを確かめます。使用されている屋根の素材によって、対処方法が異なるため、きちんと把握しておくことが大切です。

面積の算出

・面積の算出は、図面の有無によって変わってきます。

図面がある場合は、専用のものさしを使用して建物の面積を測ります。図面がない場合は、スタッフが直接スケールなどを使用して、塗装を行っていく箇所の面積を測っていきます。

ただ、図面があっても、図面にない箇所があったりするので、その場合は実際に調査したものを照らし合わせて、正しい数値を出します。

立地の確認

・直接現地に行き、近隣との距離を確認して足場の面積を出します。足場を組む際には、大きなトラックで搬入を行うため、道の広さ(幅)や駐車スペースが確保できるかどうかも確認します。

また、足場を組む際に外したり避けたりする必要が出てくるため、カーポートや波板、植栽の有無を同時に確認します。

事前調査・現地調査の重要性

事前調査・現地調査は、塗装工事に必要な塗料の量を算出できるほか、建物で補修が必要な箇所の把握ができるなど、塗装工事を行うためには必要な作業です。

ドローンを使った現地調査について

ひかりペイントでは、現地調査にドローンを使用しています。従来は足場をかけて屋根に上がっていたため、足場で屋根に穴が開いてしまうなどのデメリットがありました。

ドローンを使用することで、直接屋根に上がらなくても状態がわかるようになり、屋根の汚れや雨漏りの原因になるヒビの有無も簡単に確認することができます。また、業者にとっても安心・安全な作業が可能です。

ドローンを使用するメリット

・屋根に上がらなくても、屋根の状況確認が可能
・屋根全体を、どの角度からも見渡せる
・急こう配の屋根でも問題なし
・タブレット端末を使用するので、お客様もその場での確認が可能
・所要時間はわずか15分

まとめ

実際にスタッフが現地調査を行うことで、お客様では気付かなかった点に気付くこともあります。また、より正確な数値が出せるだけでなく、障害物や植栽など、工事に必要な情報を得ることが可能です。

業者によっては、ドローンを使った調査を行っているので、興味のある方はお近くの塗装業者にお尋ねください。

8つの約束 ショールーム リフォームローン金利0%

リフォームメニュー

塗装に関する基礎知識

外壁・屋根塗装の相場

塗料グレードについて

塗装業者について

劣化症状について

雨漏り補修について

会社概要

塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番 JIOリフォームかし保険 晴れの国おかやまマスコットももっち・うらっち
↓
ページトップへ戻る