岡山の塗り替えリフォーム専門店 ひかりペイント

住宅や店舗の外壁塗装・屋根塗装・防水工事、エコスタイル、リフォーム。ひかりペイントは岡山の塗り替えリフォーム専門店

0120-326-723
お電話でのお問い合わせ:9~20時(年中無休)
お問い合わせフォーム

外壁塗装の必要性と放置するリスク

屋根や外壁が劣化しているのに気づいても、費用もかかるし面倒だし…と、ついそのまま放置してしまいがちです。

そのお気持ちは非常にわかるのですが、屋根や外壁というのは、外からのいろいろな刺激から住宅を守る、重要な役割を担っているのです。

ここでは屋根や外壁がどのような意味があるのかという点と、放置した際のリスクについてご紹介します。

この記事のまとめ

外壁塗装は建物の見栄えを良くするだけでなく、雨や紫外線などから建物を保護してくれる役割もあります。また、使用する塗料によっては、遮熱機能、断熱機能、防音機能、防カビ機能などを付けることができます。

定期的なメンテナンスをしないと、塗装が剥がれることによって塗装だけでは修繕できずに大がかりな工事をする羽目になることも。建物の資産価値を守るためにも、日頃から外壁を点検されることをお勧めします。

外壁・屋根塗装の目的

美観を良くする

新築時は綺麗だった建物も、雨や紫外線、排ガス汚れなどにさらされています。年数が経過していくと、少しずつ塗料も剥がれてきて色あせた状態になります。上からしっかり塗装をすることで、外壁に艶が出るなどの美観性が高まります。

防水機能を復活させる(建物の寿命を伸ばす)

一般的に雨漏りは屋根からといったイメージがありますが、実は外壁からも雨漏りは起こります。外壁にきちんと塗料がついた状態であれば問題はありませんが、経年劣化で塗料が剥がれてくると下地が露出し、そこから雨水などが浸入してしまいます。下地処理を行い、塗装することで塗膜が外壁への雨水浸入を防ぎます。

特殊な機能性を付ける

塗料には美観を高めたり、雨水などの浸入を防いだりする他にもさまざまな機能があります。ここでは主な4つの機能について説明します。

■遮熱機能
遮熱塗料は太陽の熱を反射することで、室温が高くなるのを抑える働きがあります。室内に太陽の熱が伝わらないので、夏場などは省エネにもつながります。ただ、冬場も太陽の光を反射してしまうので、冬の暖房効率はあまり良くありません。

■断熱機能
断熱塗料は、太陽の熱が屋外から屋内に伝わりにくくなるため、室温が高くなるのを抑えることができます。同時に、室内の熱も外へ逃げにくくなるので「冬は暖かく、夏は涼しい」という環境が作りやすいです。

■防音機能
空気中に振動がひろがることで、音は伝わります。防音機能のある塗料を外壁に使用すれば、塗膜によって音が反射され、振動が次第に減っていくため音の侵入を防ぎます。また、内部から音が漏れるのを防ぐことも可能です。

■防カビ機能
近くに川や沼などがある湿気の多い場所や、日当たりの悪い立地では、外壁にコケやカビが発生することがあります。防カビ機能のある塗料を使用することで、カビが外壁で発生することを防ぎ、美観性を高めてくれます。

放置すると起こりうる現象

経年劣化により、外壁に起こる主なものは「ひび割れ」や「塗膜のはがれ」、触ると白い粉が手につく「チョーキング現象」などです。建物の耐久性を高める塗装が剥がれてしまうと、外壁そのものにひびが入ることがあります。

雨水や湿気が、そのひびから内部に入ってしまうと内側から腐食して、最悪家が傾くといった危険も出てきます。また、放置する期間が長ければ修繕にかかる費用も増える傾向があります。

8つの約束 ショールーム リフォームローン金利0%

リフォームメニュー

塗装に関する基礎知識

外壁・屋根塗装の相場

塗料グレードについて

塗装業者について

劣化症状について

雨漏り補修について

会社概要

塗魂ペインターズ 日本塗装名人社 雨漏り119番 JIOリフォームかし保険 晴れの国おかやまマスコットももっち・うらっち
↓
ページトップへ戻る